東京都中央区八丁堀

行政書士高橋隆一郎事務所

受付日時 9:00~20:00 日曜日~土曜日(年中無休)

TEL03-3527-9165

FAX03-4243-3852

メールでお問い合わせ

東京都中央区八丁堀

行政書士高橋隆一郎事務所

本人の生前意思-リビングウィルを公正証書に-

回復の見込みがなく死期が迫っている状態をイメージしてください。延命治療=生命維持のための医療を選択するとします。

 

医療行為への同意は、あくまで本人にしかできません。しかし、意識がない状態で、今後の治療方針をご家族様が決断しなければならないことがあります。

 

家族であれ人間の生死を判断することは非常に責任が伴うものです。下した決断が本当によいものだったのか悩むことも多々あります。

 

そういった苦渋の決断を避けるためにも、本人の生前の意思(リビングウィル)を家族に伝えておくことはとても大切なことです。

 

家族に迷惑を掛けないために準備することと方法としては、以下の3つが挙げられます。

 

1.エンディングノートに自身の意思を書き、家族に伝えておく

 

2.一般財団法人日本尊厳死協会に入会し「尊厳死宣言書」を作成し、家族に伝えておく

http://www.songenshi-kyokai.com/

 

3.尊厳死宣言書を「公正証書化」し、家族に伝えておく

 

尊厳死宣言公正証書記入例(2018.9.15)

(添付スライド資料:松戸公証役場web siteより引用)

 

当事務所では、一般社団法人終活協議会と連携して、ご要望に応じて上記3つの方法を中心に、適切なアドバイス・具体的対応を致します。先ずはご相談ください。

ページトップへ